So-net無料ブログ作成
検索選択

増刷

「明るい夜に出かけて」の増刷がかかりました。
小泉今日子さんのラジオから、山本周五郎賞受賞と、
とても幸せな流れが続いています。
ありがとうございます。
興味を持っていただいた方が書店で出会える確率が
上がるといいのですが。

アルコ&ピース D.C.GARAGEで、
受賞のことに触れていただきました。
なんと、ネタにしてもらっていて嬉しい!
笑ってしまった。不思議な感じですね。
本当に酒井さんと打ち合わせしていたような
気がしてきました(笑)
でも、色々大きなことがあっても、
ラジオを聴く自分って、ぜんぜん変わらないですね。
普通に笑って、普通に楽しんで。
当たり前かもしれないですが、とても安心しました。

受賞をメディアで知って、友だちが、連絡して
くれます。生電話がゼロなのは、やはり時代ですねー。
なんらかの文字によるコミュニケーション。
色々お話しできて、うれしい。
色々な人に喜んでいただけるのが、一番うれしいです。

花.jpg

山本周五郎賞

「明るい夜に出かけて」が、第三十回山本周五郎賞を受賞しました。
選考委員の先生方、賞にかかわってくださった新潮社の方々、
本作りに携わっていただいた皆様、
本当にありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます。

受賞の連絡は、家で受けました。
仕事をしていました。シロガラスを書いていました。
聞かれたら答えようと思っていたのに、なぜか、その質問は
受けず(笑) 記者会見場に着くのが遅くなったため、
佐藤は家でぼーっとしていたらしいとすでに伝わっていたのかも(-_-;)

山本賞は、三回目のノミネートとなりましたが、このタイミングで、
いただけて本当に嬉しく思います。
とりあえずプロとして年数だけはかさんできたので、
文学賞をいただくことがどういうことか、以前より理解できる
ようになった気がします。
深く感謝しつつ、今後の仕事につなげていきたいと思います。

特に、この作品で賞をいただくことの喜びをかみしめています。
実在のラジオ番組をモチーフに使わせていただき、リアルと
フィクションの融合にチャレンジしたのですが、あらかじめ、
お願いしておかなかったので、(どんなふうになるのか、
書いてみないと見当もつかなかったので)、
脱稿後に、ご迷惑をかけては……と悩みました。
関係者各位に、大丈夫ですよと言っていただいてからも、
本の評判が悪かったら、ご迷惑を……と悩みました。

なぜ、そこまでして実在の放送をと思われるかもしれませんが、
自分が番組のヘビーリスナーであったことは、もちろん大きな
理由ですが、ただ好きだからということではなく、
思い描いたフィクションの完成形として、絶対に面白くなると
書き手として信じたからです。
ぶっちゃけ、やってみたかったんです!
チャレンジOKとGOサインを出していただいた担当氏に感謝です。

そんなチャレンジャーな作品に、こんな大きな賞をいただいて、
とまどう気持ちと、だからこそ嬉しいという気持ちで、
いまだに頭がふわふわしています。

それでも、二十代前半に思いついたタイトル、作品のイメージ、
自分の中の大切なものを、本当に大切にして書きました。
登場人物もヘンなヤツが多いですが、とてもとても好きです。

昨夜、記者会見と選考委員の先生方との懇親会を終えて、
帰宅してから、ふと思いついて、#アルピーannで検索しました。
書く時にお世話になった……というより、リスナーとして、
(コメントはしなかったですが)参加していたタグです。
喜んでいただいている多くのツイートを見ました。
ありがとうございます。ちょっと表現できない嬉しさがありました。

平子さんのツイートも拝見しました。
こちらこそ、ありがとうございます。

爆笑問題の太田さんが、本を購入していただいたという情報も
ゲットしました。ありがとうございます。

昨夜のラジオの録音をこれから聴いて、寝ます。
三時間……あるけど(笑)





小泉今日子さん

5月12日の「小泉今日子のオールナイトニッポンGOLD」。
リアルタイムで聴けなかったので、例によって録音して、
昨日聴きました。
「明るい夜に出かけて」についてお話ししていただいていて、
すごく嬉しかったです。

小泉今日子さん、私の世代は、どうしたって、キョンキョンです。
ラジオからの声も、かわいいなあ、でも、しゃべり方がきれいで落ちつくなと、
プロデュースされた舞台のお話、あまちゃんのお話、etc楽しく聴きました。

今の若い世代のこと、若い人たちとのコミュニケーションの話題から、
「明るい夜に出かけて」に触れてくださったのですが、筋書きなどを丁寧に
紹介したあとで、今の若い人が!と(殊更に強調せず)、
ひっそりした物語になっていて良かったという感想が、
私はすごく嬉しかったです。
一人で部屋で聴いていても、ラジオがつなげてくれる世界があるという
言葉も。
違う世代が、お互いに影響しあっていければいい(言葉はそのままでは
ないですが)という考え、聴いてないと伝わらないかもしれませんが、
ごく自然な話し方で、とても沁みました。

小泉今日子さんには、読売新聞で、「明るい夜に出かけて」の書評を
書いていただきました。その文章を、帯に使わせていただいています。
(それが、大変、貴重なことなのだと、出版社のほうから聞いています)
書評も本当に嬉しかったですが、ラジオからの声で語っていただくのは、
また、特別な感慨がありました。
ラジオをモチーフとした物語を、パーソナリティーがナマの声で、
というところが。
以前の、くりぃむしちゅーさんの時も、ラジオからの声が何より嬉しく、
今回も、そう。
ラジオが好きでよかった!!

それにしても、オールナイトニッポンのタイトルコールは、
ほんとに、誰もがやりたがりますね(笑)
今回も、ゲストの方々がノリノリで(*'▽')
ビター・スウィート・サンバは、ラジオ番組のテーマ曲として、
最高、最強だと、何かにつけ思います。

あ、どうでもいい話ですが、「一瞬の風になれ」の主人公、
神谷新二は、キョンキョンに似ています。
父親の永遠のアイドルで。
新二は、俺、女顔……と喜んではいませんが(笑)

山本周五郎賞ノミネート

「明るい夜に出かけて」が、山本周五郎賞にノミネートされました。
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/yamamotosho/
とても光栄なことです。ありがとうございます。

山本周五郎賞のノミネートは、三回目になります。
前の二回は、選考過程が雑誌に載ったため、
普通の選評以上に作品についての色々なご意見を
伺うことができました。
今は、選考委員の先生方の会話として紙面に載ることは、
なくなりましたが、選評は長めだと聞きました。
貴重な機会です。