So-net無料ブログ作成

ビブリオバトル

かなり前の話題になってしまいましたが、
(言い訳をすると、写真を載せてもいいだろうかと問い合わせを
して送っていただいたりする間に、色々忙しくなり……)
せっかくお写真をいただいたので、今さらながら書かせていただきます。

前に、ちらっと書きましたが、横浜市栄区青少年読書推進フォーラムで、
ビブリオバトルが開催され、ゲストに呼んでいただきました。
一月の末ですね。
最近、盛んなイベントのようで、よく耳にしますが、現場で見聞きするのは、
初めてで、とても面白かったです。

知らない方のために少し説明しますと、ビブリオバトルというのは、
お薦めしたい本を限られた時間内で紹介し、アピール度を競う競技、
競技という表現が適切かどうかわかりませんが、優勝者を決めるわけで、
まあ、試合であります。
いただいたチラシには、コミュニケーションゲーム、とあります。

この日は、中学生の部と高校生の部に別れ、
五分の持ち時間の中で、参加者がチョイスした本を熱く推薦し、
その後に、会場で聞いている参加者の質問タイムが二、三分あり、
最後に、どの本が一番読みたくなったかを、投票して、
チャンプ本を決めます。
中学生の部で一冊、高校生の部で一冊、その日は二冊のチャンプ本が
選ばれました。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/sakae/dokushosuishin.html
リンクでご覧ください。
これらの本がエントリーされ、これらの本が優勝しました。

すごくおおざっぱな感想ですが、読むことと話すこと、この二点に
ポイントがあり、ああ、読書好きなんだなーと思う人と、
これはパフォーマー!と思う人と、かなり印象が異なりました。
優勝者は、どちらもバランスが良かったように思います。
どの人たちも、自分の個性を生かして、時間内にきっちりと
言いたいことをホットに主張していました。

「明るい夜に出かけて」でも触れましたが、若い人たちは、
自己表現のための発信の意欲が高いと思います。
メディアを使いこなす能力にたけていますし、抵抗がない
のかなと思いますし(上の世代はたぶんためらいがち)、
育った環境としか言いようがないですが、意識が違うなと
感じています。
娘が小学生くらいの時から、クラスの発表などで、
照れずに生き生きと話す子どもたちが多いなと思っていました。
みんなの前で話す、ということは、わりと少数の子以外は、
イヤだった気がします、我々の世代は(笑)

あまりに皆さんの話が上手なので、私のへたな一人しゃべりを
するのがイヤになって、予定外でしたが、紹介者の皆さんに
ステージに上がっていただき、質問タイムにしました。
私から質問し、皆さんからも質問をいただきました。
とても良い時間になりました。ありがとうございました。

写真を見てください!
ビブリオ1.1.jpg
ビブリオ2.1.jpg
ビブリオ6.1.jpg
ビブリオ3.1.jpg
ビブリオ4.1.jpg
ビブリオ5.1.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。