So-net無料ブログ作成

明日の朝日新聞

明日、日曜日の朝日新聞に、著者インタビューが載ります。
「明るい夜に出かけて」の取材でしたが、過去作にも言及
していただいているようで、楽しみです。
佐々波記者は、以前、作家の口福のエッセイでお世話に
なりました。あのエッセイは、本当に良い思い出です。

半月以上前の話ですみませんが、
11月1日の読売新聞、文化欄に『出会うことで弾ける「何か」』
を書いていただいた村田記者には、とても、長い間、作品を
読んでいただいています。

今月号の「本の雑誌」で、北上次郎さんが、
「明るい夜に出かけて」を紹介してくださっています。
「深夜ラジオ小説であり、コンビニ小説であり、
金沢八景小説であり……」というアップテンポの文章に
とてもツボりました。
北上さんは、一作目の小説で、発売当初、まるで動かない……と、
担当さんが頭を抱えた状態の「しゃべれども しゃべれども」に
真っ先に注目して世に広めていただきました。
あの時の嬉しさは、忘れません。

Facebookページに、新しい情報を出していこうと
思っているのですが、こちらを見ていただいている方が
多いようなので、同じ内容を下に追加しておきます。

朝井リョウさんが、読売新聞に書いてくださった
書評のリンクです。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20161031-OYT8T50013.html


10月30日の信濃毎日新聞、読書欄に、詩人の浦歌無子さんに
書評を書いていただきました。

本の話WEBのリンクです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161111-00005324-honweb-ent

色々な方に支えていただいて、仕事を続けていることを、
心から感謝しています。

どうしても、一つしか書けないのですが、頭の中では、プラス三作
くらいがウォーミングアツプしています。
先行取材もします。
でも、とにかく、一作ずつ、です。
頑張らんと。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。