So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ビブリオバトル

かなり前の話題になってしまいましたが、
(言い訳をすると、写真を載せてもいいだろうかと問い合わせを
して送っていただいたりする間に、色々忙しくなり……)
せっかくお写真をいただいたので、今さらながら書かせていただきます。

前に、ちらっと書きましたが、横浜市栄区青少年読書推進フォーラムで、
ビブリオバトルが開催され、ゲストに呼んでいただきました。
一月の末ですね。
最近、盛んなイベントのようで、よく耳にしますが、現場で見聞きするのは、
初めてで、とても面白かったです。

知らない方のために少し説明しますと、ビブリオバトルというのは、
お薦めしたい本を限られた時間内で紹介し、アピール度を競う競技、
競技という表現が適切かどうかわかりませんが、優勝者を決めるわけで、
まあ、試合であります。
いただいたチラシには、コミュニケーションゲーム、とあります。

この日は、中学生の部と高校生の部に別れ、
五分の持ち時間の中で、参加者がチョイスした本を熱く推薦し、
その後に、会場で聞いている参加者の質問タイムが二、三分あり、
最後に、どの本が一番読みたくなったかを、投票して、
チャンプ本を決めます。
中学生の部で一冊、高校生の部で一冊、その日は二冊のチャンプ本が
選ばれました。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/sakae/dokushosuishin.html
リンクでご覧ください。
これらの本がエントリーされ、これらの本が優勝しました。

すごくおおざっぱな感想ですが、読むことと話すこと、この二点に
ポイントがあり、ああ、読書好きなんだなーと思う人と、
これはパフォーマー!と思う人と、かなり印象が異なりました。
優勝者は、どちらもバランスが良かったように思います。
どの人たちも、自分の個性を生かして、時間内にきっちりと
言いたいことをホットに主張していました。

「明るい夜に出かけて」でも触れましたが、若い人たちは、
自己表現のための発信の意欲が高いと思います。
メディアを使いこなす能力にたけていますし、抵抗がない
のかなと思いますし(上の世代はたぶんためらいがち)、
育った環境としか言いようがないですが、意識が違うなと
感じています。
娘が小学生くらいの時から、クラスの発表などで、
照れずに生き生きと話す子どもたちが多いなと思っていました。
みんなの前で話す、ということは、わりと少数の子以外は、
イヤだった気がします、我々の世代は(笑)

あまりに皆さんの話が上手なので、私のへたな一人しゃべりを
するのがイヤになって、予定外でしたが、紹介者の皆さんに
ステージに上がっていただき、質問タイムにしました。
私から質問し、皆さんからも質問をいただきました。
とても良い時間になりました。ありがとうございました。

写真を見てください!
ビブリオ1.1.jpg
ビブリオ2.1.jpg
ビブリオ6.1.jpg
ビブリオ3.1.jpg
ビブリオ4.1.jpg
ビブリオ5.1.jpg

IN POCKET

また遅くなりましたが、ジュンク堂池袋書店の「上橋菜穂子書店」
https://honto.jp/cp/netstore/2016/uehashi-nahoko-shoten.html
のイベントに、荻原規子さんと一緒にゲストに呼んでいただき、
三人寄れば1.jpg
この時の三人でのトークが、雑誌「IN POCKET」四月号に掲載されています。

IN★POCKET 2017年 4月号

IN★POCKET 2017年 4月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: 文庫


http://kodanshabunko.com/pocket

席数が多くないアットホームな催しなので、すぐに売り切れてしまったと
聞いています。
上橋さんのブログで、当日の様子を書いていただいています。
http://uehashi.com/blog/2017/03/post-41.html
上橋さんも書かれているとおり、ほぼ打ち合わせなしで始めて、
そのライブ感がいい方向に向かって、濃い内容の話ができたかなと
思います。すごく楽しかったです。
創作にまつわる話が多くなりました。
作家が三人で話すテーマとしては、ありがちなようで、
なかなか、外には出ない内容になりましたね。
お互いがお互いの話を引き出すような、稀有なトークになっています。
「IN POCKET」では、ページ数をさいていただき、このトークを
完全版に近い内容で再現してあります。(何のCMだ)
ぜひ、ご覧になってください。

なお、池袋のジュンク堂6Fの「上橋書店」にも、ぜひご来店を!!
佐藤の本をこんなに並べてくれる書店さんは、ない……(と思う……)。
上橋さんのルーツになった児童書、文芸、漫画、専門書、
色々そろっていますが、興味深い本が本当にたくさんあって、
荻原さんも私も、本の並びに見入ってしまい、さらに打ち合わせが
とどこおりました(笑)

一人でする講演のようなものはかなり苦手なのですが、
対話や鼎談、イベントなどは、楽しく参加させていただいています。
基本的に、私は人の話を聞くのが好きです。


オール讀物 4月号 プロ野球 対談とレポート

ご無沙汰してしまいました。
色々書きたいこと、書くべきことがあったのですが、
まずは、雑誌の仕事のお知らせからです。

オール讀物4月号(発売中)で、横浜DeNAベイスターズの元投手の
三浦大輔さんと対談しました。
対談というか、インタビューですね。
長年ファンですので、聞きたいことがありすぎて、
あっという間の一時間(超過するし)、
本当に貴重な時間でした。
そして、ベイスターズの沖縄キャンプにも行って、
取材させていただいたので、こちらはレポートという形で
書きました。
文芸誌で、こうした形でページがたくさんいただけるのは、
すごく贅沢なことですね。
ファンであるということと、文章書きとして仕事をするということの、
スタンスの取り方がむずかしかったですが、読んでいただけると、
嬉しいです。
https://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/

オール讀物 2017年 04 月号 [雑誌]

オール讀物 2017年 04 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: 雑誌



キャンプからオープン戦まで、プレシーズンをこんなに追いかけた
ことはないので、好きだ好きだと長年見てきましたが、
のんびりしてたもんだなと思います。
ペナントレースは長いし、始まってみないとわからないことが
多いはずなのですが、色々一喜一憂してしまいますね。

沖縄に行くのは、人生で二回目で、前の時も、
陸上の短距離、日本代表合宿の取材でした。
場所も同じ宜野湾で、前回も今回も、観光せず(笑)
でも、ゆっくり旅行にまた来たいというより、
来年もキャンプが見たい!

少し時間がかかると思いますが、いずれ、創作の形で、
すべて、つなげていくつもりです。
しかし、好きなことを題材にしてしまうと、
色々、すごーくジタバタするものだぞというのは、
今回のラジオのことで、経験しました。
ラジオ局の現場を見られたり、アルコ&ピースさんに会えたり、
すごく幸せなことが多かったですが、何かご迷惑かけないだろうかと
心配やプレッシャーも強かったです。
「明るい夜に出かけて」は、珍しく、せっせとエゴサーチしましたので、
感想をたくさん受け取りました。ありがとうございました。
賛否あったけれど、でも、色々嬉しかったです。
書く前と変わらず、ラジオ、聴いてます。
疲れがとれます。

開幕戦、神宮、行きます。
ホームも行きます。
あ、WBCの話、してない。
第2ラウンドのキューバ戦、見てきました。
強化試合も行ったけれど、そこから、いいチームになってて、
やはり、雰囲気は特別で、すごかったですね。
サッカーも見たいし……

原稿ですね。はい。

前後しますが、また、書ければ、少し前のことも。




28日、横浜市栄区民文化センター ビブリオバトル ゲスト

どうもメディアを使いこなせないです。
また、遅い告知です。

28日の土曜日、13時30分より、横浜市栄区民文化センターで
ビブリオバトルのイベントがあり、その後に、ゲストとして
40分くらいお話しします。
先着順150名なので、興味のある方、ぜひ、おいでくださいませ。

http://www.city.yokohama.lg.jp/sakae/guide/sport/dokusho


創作修業的なこと 掲示板から

昨日の記事が、あまりにざっくりだったので、
少し加えました。よろしければ、もう一度、ご覧
下さいませm(__)m

掲示板に質問がありまして、あのスペースで答えるのも
どうかなと思ったので、やはり、ざっくりではありますが、
ここで書かせていただきます。

創作の上達についてのご質問ですね。
書くもののジャンルや、困難に思える箇所など、あまりにも
ケースバイケースなので、無責任には言えないのですが、
ざっくり、あくまで、ざっくり。自分の経験のみで。

まだ、自分のスタイルがかたまっていない
うちなら、好きな作家さんを真似てみるのが、
意外と勉強になります。
1ページまるまる書き写してみるのも、
ありです。
これは、主に文章修業ですね。
文章の長短、流れ、リズム、使う言葉、
目で追うのと違って、すごく発見があります。
やはり、プロの文章は、無駄がなく、リズムが良いです。
ただ、そこから、自分なりのオリジナリティにたどりつかなければ
いけないので、勉強と割り切る心構えが必要です。
スポーツなら、フォームをまねたりしても、結果がでればいいのですが、
文章をまねて、そのままだと、それは、無理です(-_-;)

私は、かなり幼い頃から書き手になりたいと思い、読む延長で
書くことをしてきたのですが、高校時代に、佐藤さとるさんの
「ファンタジー世界」というエッセイで、佐藤先生の創作の
心構えや上達への努力を知り、赤線を引き、手帳に書き写し、
今なお、変わらぬ自分の指標としています。

文章を書く前に、あまりに設定などを作り込まず、
書きながら、その時の感覚で進めていく。
「手が考える」という表現をなさっていたと思います。

佐藤先生は初めは文章がうまくはなかったとおっしゃっていて、
努力をすれば、必ずある程度のレベルには到達するとあり、
ものすごく励みになりました。
(読者としての自分には、神のような文章でしたが)

「あきらめる勇気」という言葉も貴重でした。
1ページを書き、読み返しても気に入らない、力が足りない、
でも、そこでとどまらずに、全力を尽くしたと思いきり、
あきらめて、次のページに進むこと、最後まで書ききること、
それが大事であると。

そんな「教え」を胸に、佐藤さとる風の短編をせっせと
書いていた高校時代でした。
ちょっとでも似ているなと思うと、嬉しかったです。
でも、もちろんですが、まったく及びもつかず、なぜ、
そこまで違ってくるのかと頭を抱えていました。

心の師はおりますが、私の創作は、まったく自己流です。
多くの本を読むこと、本当に好きなものを本当に大切にすること、
あきらめずに書き続けること。

あと、信頼できる読み手が身近にいるといいですね。
私は、大学の児童文学サークルの同級生や先輩に
正確な辛口な批評をもらい、本当にためになりました。
ウチの母の、辛口というよりは、もう天然というか、
心が折れ切るまでの正直な感想というのも、ありがたかったです。
その時は耳に痛い言葉のほうが、ためになります。
ただ、正確であること、悪意がないこと、それは大前提。
そして、誉めてもらう小さな一言でも、信じられない勇気がもらえます。
そんなこんなは、今も変わらないなあと書きながら思いました。

物語を書きたい方、楽しんで、続けてください。
ぜひ!!




いくらでも、しゃべれる(笑)

上橋菜穂子さんのおうちで、荻原規子さんと三人で、
新年会&打ち合わせ。
二時集合、十時解散。
貴重な時間。
楽しみな企画がありますので、いずれ、また、
お知らせします。

https://honto.jp/cp/netstore/2016/uehashi-nahoko-shoten?cid=ip_ec_albn_r_01

2017新年会.jpg
IMG_20170104_220710-612x816.jpg

新年!!

今年もよろしくお願いします。

家族の共有空間を見苦しくない程度に片づけて、
要するに自分の部屋にあれこれ放り込んで、片づけようとして、
夕食にお蕎麦作って、隣家で例年になくガッツリと紅白を見て、
……そんな年越しでした。
まあ、三が日のうちに、何とかしよう。。。

「明るい夜に出かけて」に、増刷がかかりました!!
よろしけれけば、こちらもご覧ください。
https://www.facebook.com/satotakako/

CDJ1.jpg
ここで、年越ししてみたいな、幕張CDJ。
29日に、ユニコーンの「雪が降る町」が聴けると信じて出かけ、
イントロで悲鳴をあげ……
[Alexandros]がかっこよすぎて……
10-FEET で、サークルモッシュに巻き込まれそうになり……。
居場所に気を付けないと(-_-;) 
めったに行かないけど、やはり楽しい♪♪

川崎大師1.jpg
川崎大師。
ここで年越しも一度くらいしたいけど、人がどれだけいるのだろう。。。
子供の頃から毎年参拝する習慣で、父が生きていた頃は五月に行っていたのが、
いつのまにか秋になり、師走になり。
今年も師走に行きました。娘と。お護摩が見られて喜んでおりました。
かどやさんで達磨を買い、お蕎麦を食べます。

いつもと同じこと。少し違うこと。

2017年、良い一年になりますように!!











くりぃむしちゅーANN

先週の火曜深夜、半年ぶりの「くりぃいむしちゅーのオールナイトニッポン」で、
上田晋也さんが、「明るい夜に出かけて」のことを話してくださいました。
ビックリしました。
反応が遅くて、すみません。私事で色々ありまして。……ということもあり、
ナマで聴きたいのを我慢しての録音だったので、移動中に石井ディレクターの
ツイートで知り、電車の中で携帯を落としそうになりました。
嬉しかったですねえ。
ほぼ同時に、富山(「明るい夜」の主人公)、良かったなと思いました(笑)

いつも、自作の登場人物は、そのへんで生きているような気がして
しまうのです。イタいこと言ってますが。
自分で造形したという自覚がほとんど持てなくて、たまたま「知っていた」
くらいの感覚なんです。
作品によって、その強弱はありますが。
今回の「明るい夜」の場合は、実在の番組や人物、出来事をそっくりトレース
して書かせていただいたので、しかも、たかだか二年前ですね。
富山のリスナー歴は、かなり自分に寄せていますし。
その結果、なんだか、ラジオリスナーとしての佐藤はどこかに行ってしまい、
あの番組やこの番組を聴いていたのが、みんな富山だったような気がしています。
自己喪失現象です。これは、さすがに初めて。

とはいうものの、録音を聴くと、作品名を「しゃべれども」や「一瞬の風になれ」
まで挙げていただいていて、くりぃむANNが終わったことについての富山の
思いというよりは、失礼な分析まで、上田さんの口から話していただいていて、
ありがとうございます!と、すいませんすいませんすいません!が、
頭をかけめぐりました。
あのあたりは、もし万一、ご当人たちの目に触れたら、どないすんじゃ~と
思いながら、やばいだろ、絶対にやばいだろと思いながら書いていて、
そこだけじゃなくて、アルピーさんについても色々語ったしまってますし、
他にも現行の人気番組についても触れてますし、全部、もう、ギリギリなんです。
今まで、誰にも怒られていないのが、不思議なくらいです。
マイナスなことは書いてないはずですが、それは、愛のある番組しか
触れていないので、好きな気持ちには自信がありますが。
それでも、やはり、現在活躍されている方々について何かフィクションで
言及するのは、すいません感や、やばい感がバリバリにあります。
朝井リョウさんとトークイベントをした時に、朝井さんに、そのあたりを
ちょっと聞かれて、書きたい気持ちが勝ってしまいましたと答えたのですが、
皆様、心が広く、優しい方ばかりで、本当にありがとうございました。

私は基本的にテレビをあまり見ないので、くりぃむしちゅーさんの王道の
ご活躍、レギュラー番組などは、毎回見てはいなくて。
ただ、くりぃむナントカは録画して見てますし、上田ちゃんネルを見たくて、
テレ朝日ch1を契約しましたし、古坂大魔王が浜ロンをいじめすぎーとか、
桐畑トールのにゃんこ祭りが好きだったり。
ピコ太郎は、あのお見合いしてた古坂さんが?世界スターに?
伊集院光さんの深夜の馬鹿力で、桐畑さんがイップス持ちの名野手として
話題になっていたりで、へえーと思ったり。
ややマニアックに追いかけております。

ちなみに、「一瞬」の陸上部監督のみっちゃんは、上田晋也さんを
少しモデルにさせていただいています。
元々、取材でフルにお世話になった石島コーチの言動をそのまま書いて
しまっているところが多かったので、あまりに、まんま石島さんに
なってもと思い、外見や口調などを変えようとして、上田さんを
イメージして書きました。
みっちゃんが天パなのは、そのせいです。当時の年齢も同じです。
でも、この話、ちょっとだけしたことありますが、あまり
理解されなかったので、以後、しゃべったことないです。
口調とか、似せたつもりなんですけど。
石島さんのまわりの方々から、「まんま」だと言われるみたいですし、
もう、「みっちゃん」ですと紹介したこともありますし(笑)

いや、しかし、くりいむANNの復活二回目は、完全に通常放送でしたね。
もう、タイムスリップ感すらないほどに、普通に笑わせていただきました。
アルピーさんのラジオもそうなんですが、しょうもなさすぎて、
笑いすぎて、頭がからっぽになるような、あの感覚が他では得られない
気がします。
まあ、下ネタ満載で。通常営業でしたが、初聞きの方に言いたいのは、
必ずしも、そればっかりではなかったですよ。
ただ、ラジオネームは、前からひどかったですね。
爆笑問題さんのカーボーイのラジオネーム(というか、ラジオネームに
プラスしてくるフレーズかな)も、なかなかですが、
改めて、くりぃむの職人さんのラジオネームはストレートでひどい(笑)
ラジオネームを替えようというコーナーまで、できましたからね。

私は、正直、下ネタは特に好きじゃないです(きっぱり)。
でも、笑うけど。
それで、思ったのは、ジャンプで連載中の大人気漫画の「銀魂」が、
大好きなんですが、これも、まあ、シモいこと、この上ないんです。
私は、コミックスの一巻から新刊で買い続けていますが、
ずっと面白い漫画ない?って聞かれると、紹介しているのですが、
今ほどの人気でなかった頃からね。
銀魂に関しては、下ネタ方向が好きなわけじゃなくて、でも、
シリアスなところだけがいいと思ってるわけじゃ、もちろんなくて、
もしかして、自分が好きな笑いの方向性って、下ネタと親和性が
高いのかもしれないと、ふと思いました。
韓国のドラマ・プロデューサーで、ハイキック・シリーズなどで
有名なキム・ヴョンウクという方を大好きなんですが、
この方も、けっこうシモな要素が多く、そして、めっちゃ笑える。

そういえば、ネットで拾った情報なんですが、
この前のタイタンライブで、エレキコミックさんのエピグラフに
「一瞬の風になれ」の文章を使っていただいたというのは、
本当なんでしょうか。どこを使っていただいたのでしょう。
エレキさん、好きですし、気になるし、本当なら、嬉しいなあ。

まとまりのない長文、失礼しました。

NHKマイあさラジオ 12月4日

先日、NHKのラジオ番組に、ゲストで呼んでいただき、
「明るい夜に出かけて」の話をしてきました。
http://www4.nhk.or.jp/r-asa/
「NHKマイあさラジオ」オンエアは、12月4日(日)
「著者に聞きたい本のツボ」
コーナーのスタートが、7時20分の予定ということです。
高市佳明アナに色々フォローしていただき、ありがたかったです。
JFNの「学問ノススメ」パーソナリティの蒲田健さんと
お話しした時にも感じましたが、
ラジオ局では、スタッフの方も含めて、とてもとても、
話が伝わりやすい、あるあるというのとも少し違う、でも、
お互いにツボ?という反応があって、嬉しくなるのでした。

あと、リンクを貼れる書評や出演を書いておきます。

11月20日 朝日新聞 著者に会いたい 
http://www.asahi.com/articles/DA3S12667262.html

11月27日 産経新聞朝刊産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/161127/lif1611270026-n1.html

10月30日 神戸新聞NEXT
http://www.sankei.com/life/news/161127/lif1611270026-n1.html

ほんのひきだし WEBメディア
https://gunosy.com/articles/Rv9XG

ラジオ学問ノススメ  JFN公式
https://note.mu/gakumon_susume/n/ne67a6aa6e71f

そういえば、流行語大賞が、二年連続、野球ネタですね。
昨年の「トリプルスリー」は、意外と知らない人が多かった
みたいですが、今年の「神ってる」は、浸透しているのかな?
広島カープの鈴木選手を緒方監督が評した言葉、ですよね。
(それにしても、代表強化試合のグランドスラムと、
ヒーローインタビューは強烈でした)

横浜ファンとしては、今日のニュースは、
筒香選手の年俸三億円到達! が、すごく嬉しい。
プロ入り七年目、二十五歳なりたてほやほや。
ここ三年で、ぐんぐんぐんと成績を飛躍させて、
もはや、すごい打者というより偉大な打者の域に。
横浜は、若い選手がどんどん伸びていくので、
本当に見ていて楽しく、今季のCSの経験が
来季にそれぞれどう生きるのか、今からわくわく
します。
もう一つ、話題があるのですが、敢えてスルーを。
光のさすほうを見ていきたいです。

明日の朝日新聞

明日、日曜日の朝日新聞に、著者インタビューが載ります。
「明るい夜に出かけて」の取材でしたが、過去作にも言及
していただいているようで、楽しみです。
佐々波記者は、以前、作家の口福のエッセイでお世話に
なりました。あのエッセイは、本当に良い思い出です。

半月以上前の話ですみませんが、
11月1日の読売新聞、文化欄に『出会うことで弾ける「何か」』
を書いていただいた村田記者には、とても、長い間、作品を
読んでいただいています。

今月号の「本の雑誌」で、北上次郎さんが、
「明るい夜に出かけて」を紹介してくださっています。
「深夜ラジオ小説であり、コンビニ小説であり、
金沢八景小説であり……」というアップテンポの文章に
とてもツボりました。
北上さんは、一作目の小説で、発売当初、まるで動かない……と、
担当さんが頭を抱えた状態の「しゃべれども しゃべれども」に
真っ先に注目して世に広めていただきました。
あの時の嬉しさは、忘れません。

Facebookページに、新しい情報を出していこうと
思っているのですが、こちらを見ていただいている方が
多いようなので、同じ内容を下に追加しておきます。

朝井リョウさんが、読売新聞に書いてくださった
書評のリンクです。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20161031-OYT8T50013.html


10月30日の信濃毎日新聞、読書欄に、詩人の浦歌無子さんに
書評を書いていただきました。

本の話WEBのリンクです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161111-00005324-honweb-ent

色々な方に支えていただいて、仕事を続けていることを、
心から感謝しています。

どうしても、一つしか書けないのですが、頭の中では、プラス三作
くらいがウォーミングアツプしています。
先行取材もします。
でも、とにかく、一作ずつ、です。
頑張らんと。




前の10件 | -